プライバシーポリシー | 資料請求

こちらもご覧ください

平成29年度バス旅行

2019/7/25 掲載 :
 今年で16回目の青年部バス旅行は「防衛大学校」「リサイクルプラザ・アイクル」「YOKOSUKA軍港めぐり」に行ってまいりました。8月の東京は記録的な長雨で天候が心配されましたが、当日はすっきりと晴れ、汗ばむ陽気の中、神奈川県横須賀方面へとバスは出発しました。
 道路は目立った渋滞もなく、最初の目的地である防衛大学校に到着しました。記念講堂、資料館、学生舎、学生会館をツアーガイドの案内を受けながら周りました。そこには退役した機関銃や戦闘機、戦車の展示もありました。またちょうど夏休み明けで、校内には真っ白な制服を着た学生をたくさん目にすることができ、皆キビキビとした歩き方と顔つきが印象的でした。毎朝6時起床ラッパを合図に5分以内に着替えをすませるそうです。外出は時間厳守で、1分でも遅刻すると罰則があるとのことです。
 
 昼食は横須賀セントラルホテルで海軍カレーをいただきました。海軍カレーのルーツは明治初期、長期航海する乗組員の栄養を配慮して作られた日本海軍からの伝統食だそうで、曜日の感覚を忘れないようにするために、毎週金曜日に食されており、牛乳とサラダと一緒に食べるのが海軍流とのこと。
 
 お昼の後は、リサイクルプラザ・アイクルへ移動しました。ここは日本最大級の資源ごみリサイクル施設です。リサイクルの仕組みや大切さを学び、実際に施設内を歩きながら、資源ごみが集められリサイクルされるまでの一連の流れを見学しました。「3R」という言葉をご存知ですか?Reduce(ごみを減らす)、Reuse(再使用する)、Recycle(再生利用する)の頭文字です。限りある資源を大切に使うために、私たちも日頃から3Rを意識することが大切だと思いました。牛乳パック10個でティッシュペーパー1箱が再生できるとのことで、思っていた以上にリサイクルの効果はあるようです。
 
 そして最後はYOKOSUKA軍港めぐりです。横須賀本港で2階建ての船に乗り込み、アメリカ海軍や海上自衛隊の艦船を見ながらクルージングしました。潜水艦、護衛艦いずも、南極観測船しらせ、イージス艦、航空母艦ロナルド・レーガンなど、たくさんの艦船は間近で見るとすごい大きさでその迫力にに参加者の皆さん圧倒されました。
 
 そして興奮冷めやらぬうちにバスは無事申告会へと到着しました。今回も、参加者の皆さまのご協力でスムーズな移動ができました。この場をお借りして、お礼を申し上げます。